メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

がん細胞を間接的に攻撃…免疫細胞作製に成功

京都大iPS細胞研究所の研究グループ

 京都大iPS細胞研究所(京都市)の金子新准教授(腫瘍免疫学)らの研究グループは9日、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、がん細胞を間接的に攻撃する機能を持つ免疫細胞を作製することに成功したと発表した。免疫細胞の大量作製が可能になり、がん患者への有効な免疫療法や治療薬開発への応用が期待できるという。成果は同日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」に掲載された…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです