メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府警

ノーヘル警官、撮られていた バイクを運転

「帽子をかぶり、勘違い」 動画はツイッターに投稿される

 大阪府警松原署地域課の20代の男性巡査が8日、職務中にヘルメットをかぶらずにバイクを運転していたことが、捜査関係者への取材で分かった。巡査は未着用による運転を認めたため、府警は9日付で交通違反切符(白切符)を交付した。巡査が「ノーヘル」で運転する様子を撮影したとみられる動画はツイッターにも投稿されていた。

 捜査関係者によると、巡査は8日午後2時40分ごろ、同署の前の道路を西へ数十メートル走行。信号付きの交差点を通過した直後にバイクを止め、ヘルメットを着用したという。

 巡査は管轄の交番に向かう途中で、署を出た際は「活動帽」と呼ばれる職務用の帽子をかぶっただけだった。巡査は府警に「帽子をかぶっていたので、ヘルメットを着用していると勘違いした」と説明している。目撃していた男性が署に通報してわかった。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
  2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 都市対抗野球 大阪ガスが3年ぶり決勝進出 JR東破る
  5. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]