メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深海魚

リュウグウノツカイ標本展示始まる 新潟市

リュウグウノツカイ

 新潟市中央区の市水族館「マリンピア日本海」で9日、珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」(体長3.3メートル、重さ14.5キロ)の標本展示が始まった。佐渡市沖で8日午前に水揚げされ、捕獲直後は生きていたもので、保存状態も良いという。

 同水族館によると、リュウグウノツカイは熱帯〜亜熱帯域の水深数百メートルに生息。奇妙な容姿で有名な魚だが、詳しい生態は分かっていない。今回展示している個体は、佐渡市の漁業者の定置網に引っかかった。対馬海流に乗って日本海沿岸まで北上し、寒さで弱っていたとみられ、捕獲後間もなく死んだという。

 展示は11日までの予定。その後は、同水族館で解剖調査をした上で剥製にし、企画展などで活用するという。【真野敏幸】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
  2. ORICON NEWS 小室哲哉、妻・KEIKOとの離婚否定 療養中の現状明かす
  3. ORICON NEWS 小室哲哉、無念にじむ引退宣言「悔い無しなんて言葉は出てこない」 文春取材受け“5日間”で決断
  4. ORICON NEWS 小室、引退決断は「私の罪。償いはこれが精一杯」 自発的な音楽活動は「本日をもって終了」
  5. JR常磐線 柏駅停車の特快電車内で女児出産

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]