メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リュウグウノツカイ標本展示始まる 新潟市

リュウグウノツカイ

 新潟市中央区の市水族館「マリンピア日本海」で9日、珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」(体長3.3メートル、重さ14.5キロ)の標本展示が始まった。佐渡市沖で8日午前に水揚げされ、捕獲直後は生きていたもので、保存状態も良いという。

 同水族館によると、リュウグウノツカイは熱帯〜亜熱帯域の水深数百メートルに生息。奇妙な容姿で有名な魚だが、詳しい生態は分かっていない。今回展示している個体は、佐渡市の漁業者の定置網に引っかかった。対馬海流に乗って日本海沿岸まで北上し、寒さで弱っていたとみられ、捕獲後間もなく死んだという。

 展示は11日までの予定。その後は、同水族館で解剖調査をした上で剥製にし、企画展などで活用するという。【真野敏幸】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者の目 日露 北方領土問題の焦点=前田洋平(政治部)
  2. 風知草 浮かれてられないよ=山田孝男
  3. 北方領土 ロシア人居住権を容認へ 政府方針
  4. 台風10号 「私の判断ミス」高齢者施設常務理事
  5. プーチン大統領 北方領土「一つとして売らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]