メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤監督が150球、打撃投手務める

 ソフトバンクは工藤監督が第3クール初日の9日、野手の早出練習を訪れて今キャンプ初の打撃投手を務めた。拓也、塚田に対して30分近く計150球を投げ「球数は少ないし、力もそれほど入れていない。あれくらいなら1時間は投げられる」。投球時には「おっ、いいね」「まだ納得いかないだろ」などと声をかけ、積極的にコミュニケーションを図った。【宮崎・角田直哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. サッカー レアルが11度目CL優勝 Aマドリードを破る
    2. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
    3. 大相撲 白鵬かち上げで豪栄左目内部を骨折していた…
    4. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演
    5. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]