メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育休宣言「連れ込み不倫」報道陣見つけ猛ダッシュ

宮崎謙介、金子恵美衆院議員夫妻=スポニチ提供

 10日発売の週刊文春が報じている自民党宮崎謙介衆院議員(35)の不倫疑惑について、宮崎氏は9日、党に対して疑惑を認めた。永田町関係者が明かした。問題となっているのは、妻で同党の金子恵美衆院議員(37)の出産直前に、京都市内の自宅に若い女性を連れ込んだという疑惑。

     宮崎氏は9日、衆院本会議に出席。同僚らに声を掛けられながら席に向かったが、終始表情は硬いままだった。会議終了後、議場外で待ち構える報道陣を目にすると、猛然とダッシュ。「一言お願いします」「逃げるんですか」との声を完全無視。追い掛ける報道陣を振り切り、そのまま迎えの車に乗り込んだ。

     この日午前、報道陣に「お騒がせして申し訳ありません。また説明します」と話して国会に向かっただけに、事務所も「本人と連絡が取れず、コメントのしようがない」と困り果てた様子だった。一方、金子氏の事務所は「コメントはありません」とした。

     宮崎氏は昨年12月に1カ月程度の育児休暇を取得することを宣言。金子氏は今月5日朝に長男を出産した。宮崎氏は同夕、ブログを更新し、出産に立ち会い「ひたすら(陣痛で苦しむ)妻の腰をさすりました」「これから2人で大切に育てていきたいと思います」と記していた。へその緒が付いた長男の写真もアップした。関係者によると金子氏は難産だったといい、その直前に不倫していたとなると、“献身的な夫ぶり”も虚偽のように感じられる。甘利明前経済再生担当相の金銭授受問題が下火になりつつある中で起こった“安倍チルドレン”の不祥事。宮崎議員の育休は安倍晋三首相も支持していただけに、安倍政権にとって大打撃となる可能性もある。(スポニチ)

    「育休は撤回せよ」自民党関係者指摘

     宮崎氏の今後について、党内からは「議員辞職すべき」「辞職は必要ない」など賛否両論が飛び交っている。

     ただ、宣言していた育休に関して党関係者は「このまま取れば、さらに批判を浴びるのは必至。撤回した上で、身を粉にして働く姿勢を見せるのではないか」と指摘した。(スポニチ)

    地元でも厳しい声「人間として許せない」

     宮崎氏の地元、京都・伏見の有権者の反応は厳しかった。

     選挙事務所の近くに住む60代の女性は「芸能界といい政治の世界といい、若い人はもう少し考えて行動すればいいのに」とピシャリ。ベビーカーを押して近くを通りかかった30代主婦は「悪いイメージがなかったんでホントに意外です。政治家とかでなく、人間として許せない」と立腹していた。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. けんか 重体の小4男児死亡 東京・足立
    2. 発信箱 残酷の軽さ=小国綾子
    3. 暴行容疑 体にチューブ挿入、息吹き込む 3消防隊員逮捕
    4. 川崎中1殺害 切りながら「ごめん」 リーダー格が証言
    5. 外為 東京=10時 1ドル=109円53〜54銭

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]