メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

福井の冬の味覚「水ようかん」 こたつで食べ爽快感 /北陸

40〜50度まで冷やした液体状の水ようかんを容器に流し込む=福井市照手3のえがわで、竹内望撮影

 福井県で冬場に欠かせない味覚「水ようかん」。全国的にはひんやりとなめらかな舌触りは「夏の味わい」というのが常識だが、福井では、こたつに入ってみかんと並べて食べる慣習が根付く。由来はその昔、関西に奉公に来ていた丁稚(でっち)が年末年始の里帰りで持ち帰って広まったなど諸説あるという。

 県庁所在市と政令市を対象にした昨年の調査でようかんの購入額(1603円)で全国1位の福井市にある「えがわ」(照手3)は、県内で3分の2のシェアを誇る最大手の老舗。11〜3月の冬季限定で製造する。

 冷風が通る製造工場には小豆、黒糖、ザラメ、寒天が溶け合った甘い香りが漂う。釜で煮詰めてたらいに移し…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  4. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです