メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

驚都・きょうと

/32 明治の不思議トンネル /京都

斜めにレンガが積まれた「ねじりまんぽ」=京都市東山区で、小松雄介撮影(魚眼レンズ使用)

 京都市営地下鉄東西線の蹴上駅(京都市東山区)からすぐ、琵琶湖疏水の蹴上インクラインの下を歩行者用トンネルが貫く。中に入ると、先の方に吸い込まれていく気がした。

 良く見ると、レンガは渦のように斜めに積まれアーチになっている。「ねじりまんぽ(まんぼ)」と呼ばれ、主に明治時代に線路を作る際、水路や通路を通すため作られた。

 各地のねじりまんぽを調査し、大きさや角度など詳細なデータをインターネットで公表している「北畑都市設…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文484文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]