メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

驚都・きょうと

/32 明治の不思議トンネル /京都

斜めにレンガが積まれた「ねじりまんぽ」=京都市東山区で、小松雄介撮影(魚眼レンズ使用)

 京都市営地下鉄東西線の蹴上駅(京都市東山区)からすぐ、琵琶湖疏水の蹴上インクラインの下を歩行者用トンネルが貫く。中に入ると、先の方に吸い込まれていく気がした。

 良く見ると、レンガは渦のように斜めに積まれアーチになっている。「ねじりまんぽ(まんぼ)」と呼ばれ、主に明治時代に線路を作る際、水路や通路を通すため作られた。

 各地のねじりまんぽを調査し、大きさや角度など詳細なデータをインターネットで公表している「北畑都市設…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文484文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
  5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]