メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“伝説のプレゼン”舞台裏に焦点 圧倒的密度の会話劇に引き込まれる

映画「スティーブ・ジョブズ」のワンシーン(C)Universal Pictures

 2011年に亡くなった米アップルの創業者スティーブ・ジョブズさんの生き方を描いた「スティーブ・ジョブズ」(ダニー・ボイル監督)が12日から公開される。「スラムドッグ$ミリオネア」(08年)でアカデミー賞監督賞を受賞したボイル監督がメガホンをとり、脚本を「ソーシャル・ネットワーク」(10年)で同賞の脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンさんが担当していることでも注目を集めており、ジョブズさんの“伝説のプレゼン”の「直前40分の舞台裏」が描かれている。

 映画は3部構成で、1984年の「Macintosh発表会」と88年の「NeXT Cube発表会」、そして98年の「iMac発表会」と、ジョブズのそれぞれのプレゼンでの舞台裏が時系列で描かれる。84年の「Macintosh発表会」では、開始直前、主役のパソコン「Macintosh」の音声ソフト関連のトラブルに直面し、部下と一悶着(もんちゃく)を起こす。そこへ元恋人がジョブズが認知していない娘・リサを伴って訪れ、養育費を要求される。さらに共同創業者のウォズニアック(セス・ローゲンさん)からは「Apple2」チームへの謝辞を要求され……という展開。続く第2部の「NeXT Cube発表会」では、アップルを追い出されたジョブズが新たに立ち上げたネクストでの発表会直前の様子が、第3部「iMac発表会」ではアップルに復帰し、CEOに就任したジョブズと、ハーバード大学に通う娘リサとのプレゼン直前のやり取りなどが描かれている。ジョブズ役をマイケル・ファスベンダーさん、ジョブズを長年にわたって支えるマーケティング担当のジョアンナ役をケイト・ウィンスレットさんが演じている。

 日本においてもスティーブ・ジョブズさんの名は“カリスマ”として誰もが知るところだ。構成としては、そのカリスマの伝説として知られるプレゼンの裏側が3部に分かれて描かれているが、核となるのはアップルの経営陣や創業者とのやり取りに焦点を当てた企業人としてのエピソードと、娘との親子の愛憎を描いた父親としてのエピソードだ。企業人として組織のカリスマとして、部下や仲間に理不尽な要求を突きつけ、理想の実現のために周囲を振り回し続けるその姿は、我々が伝え聞くジョブズさんのイメージそのもの。そこに見えるのは、敬われつつも恐れられる孤高の天才の姿だが、一転、父親パートでは娘に対して分が悪く、得意(?)の口論で娘に、けおされることも。カリスマ企業人という側面と後ろめたい思いを抱える父親という側面……この二つが同時並行的に進むことで、単に畏怖されていただけではない、既存のイメージの裏側にあるジョブズの真の姿を垣間見ることができ、キャラクターの魅力を増幅させる。

 脚本は、「Facebook」創業者のマーク・ザッカーバーグさんを膨大なせりふ量を駆使して描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」のソーキンさんということで期待していた通り、圧倒的な密度で進む会話劇も今作の特徴のひとつ。冒頭から怒涛(どとう)の勢いで進むリズミカルな会話劇はやはり「ソーシャル・ネットワーク」を彷彿(ほうふつ)とさせ、観客は冒頭から息のつけない独特の世界に引きずり込まれることになる。ボイル監督ならではの美しい映像も健在で、聴覚と視覚の両面で楽しめる作品に仕上がった。12日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)ほか全国で公開。(河鰭悠太郎/毎日新聞デジタル)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米大統領広島訪問 謝罪しなければ、構わない…トランプ氏
  2. 住居侵入 福山雅治さん方に 容疑のコンシェルジュを逮捕
  3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
  4. 大島優子 コインパーキングで物損事故 免許取りたて
  5. 福山雅治 主題歌&劇中歌制作依頼に「前代未聞の煮詰まり方」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]