メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪の中、大わらじ奉納 福島

雪が吹きすさぶ中、男女約100人に担がれ運ばれる大わらじ=福島市で2016年2月10日午前9時24分、宮崎稔樹撮影

 福島市の伝統行事「信夫三山暁まいり」が10日、2日間の日程で始まった。今年は雪が吹きすさぶ中、白い法被姿の男女約100人が長さ12メートル、重さ2トンの大わらじを担いで市内を練り歩き、信夫山頂上近くの羽黒神社に大わらじを奉納した。

     暁まいりは五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全、健脚を祈る行事で、江戸時代から300年以上続くとされる。今年も市内のわらじ製作者がわらを骨組みに巻き付け、約2週間かけて大わらじを製作した。

     この日は午前9時から、市民らが大わらじを担ぎ同市御山のわらじ製作所を出発。ホラ貝と太鼓の音に合わせ「ワッショイ」の声をあげながら羽黒神社までの約10キロの道のりを運んだ。今年は市内七つの小学校の児童がリレー形式で「子供わらじ」(長さ2・5メートル、重さ70キロ)二つを運び、沿道からは声援が飛んでいた。

     担ぎ手を務めた福島市中町の田中富幸さん(40)は「わらじは重いが、みんなで一緒に運ぶのは楽しい。大人も子どももそれぞれ運ぶことで地域に一帯感も生まれる」と話していた。【宮崎稔樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 芦田愛菜 プールの授業から逃げ出したい…25メートル泳げず補習も
    2. 傷害 「歩きスマホが悪い」 駅で体当たり 容疑者逮捕 神戸
    3. 感謝状 「見ず知らず」3人連係プレー 川で3児童救助、竹田さんらに 三郷市 /埼玉
    4. 広島原爆アーカイブ 「近寄るな」軍人、病床で最期の抵抗
    5. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]