メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米下院で証言 追加利上げに慎重な姿勢

 【ワシントン清水憲司】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は10日、米下院金融サービス委員会で証言し、年明け以降の金融市場の混乱について「この動きが続けば、米経済や雇用の見通しを圧迫する恐れがある」と述べた。その上で「経済が下振れすれば、利上げペースも減速するのが適当だ」との考えを改めて示し、追加利上げに慎重な姿勢を表明した。

     FRBは昨年12月、ゼロ金利を解除して9年半ぶりに利上げした。その時点でFRBは2016年に4回の追加利上げを想定していた。今後も利上げを模索するとみられるが、ペースを遅らせる可能性が高まった。市場では「年内は利上げを見送るか、利上げしても1回」との見方が大勢だ。

     イエレン議長の証言を受けて、10日のニューヨーク株式市場は上昇した。ダウ工業株30種平均は午前10時現在、前日比102.11ドル高の1万6116.49ドル。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. 豊洲市場 前市場長「盛り土ないことは認識」歴代初の証言
    3. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    4. クローズアップ2016 都政に「小池カラー」次々 豊洲が改革試金石
    5. 豊洲市場 小池知事「残念ながら出た」ベンゼンとヒ素検出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]