メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

円相場一時1ドル113円台に急伸

 【ワシントン清水憲司】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は10日、米下院金融サービス委員会で証言し、年明け以降の金融市場の混乱について「この動きが続けば、米経済や雇用の見通しを圧迫する恐れがある」と述べた。その上で「経済が下振れすれば、利上げペースも減速するのが適当だ」との考えを改めて示し、追加利上げに慎重な姿勢を表明した。

     この証言を受けて、10日のニューヨーク外国為替市場は円買い・ドル売りが進み、円相場は一時、1ドル=113円台に急伸した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アパホテル 中国で批判 全客室に南京大虐殺否定本
    2. 宮内庁 にじむ警戒感 元日即位浮上「寝耳に水」
    3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
    4. 永住権取得 在留期間、最短1年に 法務省、年度内実施へ
    5. 英首相 EU単一市場離脱を表明 各国と貿易協定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]