メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

呼びかけに壁たたく反応…やがて音は途絶え…

 【台南・鈴木玲子】台湾南部の地震で死傷者が集中している台南市の16階建てビルの倒壊現場では10日、救助隊員の呼びかけに壁をたたく反応があった部分でがれきを取り除く作業が続いたが、生存者は発見できなかった。壁をたたく反応は10日昼までに消えた。がれきの中には約90人が取り残されているとみられている。現場での死者は45人に増え、全体では47人に上った。

     捜索を終えた部分では重機を使ったがれきの撤去作業が加速している。地面に近い下部の捜索を早めるためで、ビルは倒壊した当初に比べ、上部のがれきが撤去されるなど、大きく姿を変えた。

     10日には、アルバイトをしながら大学に通い、一緒に働く友人の男性3人とルームシェアしていた女子学生(21)や6歳の男児らが新たに遺体で見つかった。一方で、10日夕には白色の犬1匹が救出された。飼い主の女性は既に救出されている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特養待機者急減 要介護者、奪い合い 施設空き出始め
    2. 京大病院 「ドカーンと大きな音」実験室出火、放射線検出
    3. 熊本地震・ふるさとよ 第2部/5 怒号飛び交う避難所
    4. 参院選 「支持政党なし」…いたずら? 実はポスター戦略
    5. 熊本地震・ふるさとよ 第2部/6 1杯のコーヒーの力

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]