メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弥生時代銅剣

サメ線刻画見つかる「因幡の白兎」関連性?

鳥取県立博物館所蔵の銅剣から見つかったサメの線刻絵画(中央)=奈良市の奈良文化財研究所平城宮跡資料館で2016年2月9日、三村政司撮影

 鳥取県立博物館(鳥取市)所蔵の弥生時代の銅剣に、サメの線刻絵画があることが奈良文化財研究所(奈文研)の調査で判明した。10日に発表した同県と奈文研によると、鋳造後の青銅器で線刻画が確認されたのは初めて。サメの図柄はこれまで鳥取県を中心に木製品などで見つかっているが、銅剣は儀式用とみられ、海にまつわる地域独自の祭祀(さいし)の存在を示す成果という。

 線刻画は長さ2.3センチ。サメに特徴的な流線型の体、背びれや尾びれなどが表現されている。銅剣(長さ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです