メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青函トンネル停電

JR北海道 再発防止で点検リスト作成

 青函トンネルであった北海道新幹線の避難訓練中に、停電が発生し車両が立ち往生した問題で、JR北海道は10日、トラブルの再発防止のため作業手順の点検リストを新たに作成すると発表した。

     トラブルは9日未明に竜飛定点(青森県外ケ浜町、旧竜飛海底駅)付近で発生。手順として必要な手動による送電の切り替えをしなかったのが原因だった。JR北は「マニュアルが不十分で、社員が送電切り替えを必要な作業と認識していなかった」と説明していた。

     訓練にも参加していた島田修社長は10日の記者会見で「フローチャートのようなものにして、作業手順で勘違いが起きないようにしたい」と述べた。【小川祐希】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    2. 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」
    3. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く
    4. 同性カップル パートナーに「遺産を」 45年同居、相続求め親族を提訴 大阪地裁
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]