メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪で82便欠航 500人ターミナル泊まり

 新千歳空港は10日、大雪のため、国内便と国際便計82便が欠航し、254便が30分以上遅延した。この影響で、搭乗を予定していた約500人が同空港ターミナルビルで一夜を明かした。道内はこの時期、さっぽろ雪まつりなど冬のイベントが多く、中華圏の旧正月「春節」前後の大型連休も重なったことから、宿泊先を確保できなかったとみられる。

     同空港を運営する北海道空港は、空港内に残った利用客に毛布を配布。深夜の欠航時に使用する会議室が工事中のため、利用客らはこの日、ターミナルビルのベンチなどで寝ていた。友人と観光に来ていた仙台市の主婦、角田和子さん(64)は「最後にこうなって残念だが、11日に帰れればいい」と疲れた表情だった。【野原寛史】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
    2. 都議会総務委 舛添氏、資料提出拒む…政治資金使い道
    3. 横浜・患者死亡 警察にトラブル相談 横浜市にもメール 
    4. 交通事故 テントさん、はねられ死亡…吉本お笑いタレント
    5. 大型犬 ボルゾイ6匹が逃げ出す…5匹は捕獲 福岡・朝倉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]