メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同一賃金

法制化へ 差別禁止、パート以外も 政府方針

 政府は正規・非正規に関わらず同じ職務の労働者に同じ賃金を支払う「同一労働同一賃金」を法制化する方針を固めた。パートタイム労働者と正社員の差別的待遇を禁じた改正パートタイム労働法(昨年4月施行)の規定を派遣労働者らにも広げる。5月に策定する「ニッポン1億総活躍プラン」に方向性を盛り込み、厚生労働省の労働政策審議会を経て、早ければ来年の通常国会に提出する方針だ。

 同一労働同一賃金を巡っては、昨年の通常国会で自民、公明、維新(当時)3党の賛成で成立した「同一労働…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1040文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]