メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん社会はどこへ

第4部 命 照らす緩和ケア/下 「最期は家で」支えるには

在宅で緩和ケアを受けることを選んだ末期がんの西浦明彦さん(右)。診療に訪れた山崎章郎医師の問診に、自ら体調の変化を説明していた=東京都小平市で、竹内紀臣撮影

 東側の障子を通して6畳の和室に柔らかい日の光が差す。東京都小平市のマンションの一室。介護用ベッドの上半身側を少し起こし、西浦明彦さん(54)が横たわる。「点滴とか、そういうものはもう必要ありません。死を迎える覚悟はしたいと思うんです」。書斎として使っていた和室はテレビなどを除いて片付け、本やゴルフバッグ、春夏物の服を処分した。

 西浦さんは昨年4月、進行度が最も高い「ステージ4」の肝内胆管がんと診断された。医師は「もって半年」…

この記事は有料記事です。

残り1987文字(全文2202文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです