メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

液状化の危険、把握を 土地調べて地震保険加入

震災による液状化で電柱が傾き、道路が波打った浦安市内=2011年3月26日、小林努撮影

 2011年3月の東日本大震災から間もなく5年。震災時、湾岸部などでは液状化現象による被害が多発した。住民はどう備えたらいいのだろうか。

 東京湾に面し、旧江戸川を挟んで東京と接する千葉県浦安市。住宅街を通る道路には、液状化被害を修復した痕跡が至る所にある。「温泉のように、地面の割れ目から泥水が大量に噴き出た」。市内に住む女性(67)は東日本大震災の直後をそう振り返る。

 一帯は泥流に囲まれ、自宅を含め近くの住宅や電柱は傾き、道路は波打ち、マンホールが飛び出た。「床にビ…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1552文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです