メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮崎衆院議員

辞職表明 不倫認め、会見で謝罪

記者会見で頭を下げる自民党の宮崎謙介衆院議員=衆院第2議員会館で2016年2月12日午前10時51分、小川昌宏撮影

 自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=は12日午前、女性タレントとの不倫が報じられた問題を受けて、国会内で記者会見した。「私の不適切な行為により、多くの皆様に多大な迷惑をかけた。国民に深い政治不信を与えた」と不倫の事実を認めて謝罪し、議員を辞職すると表明した。

 宮崎氏は、妻で同党の金子恵美衆院議員(37)=新潟4区=の出産に合わせ、1カ月程度の「育児休暇取得」を宣言し、注目されていた。金子氏は5日に男児を出産している。

 宮崎氏は会見で「女性活躍と少子化対策を実現するためには、男性の育児参加が必要だと思っていた。自らの軽率な行動で水を差し申し訳ない」と陳謝した。宮崎氏は衆院当選2回。早大卒。会社勤務などを経て、2012年12月の衆院選で初当選した。

 総務省によると、3月15日までに辞職すれば4月24日投開票の北海道5区とともに京都3区で補選が行われる。3月16日以降、9月15日までに辞職した場合は、その時期によって夏の参院選と同日か今年10月に補選が行われる。【水脇友輔】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです