メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島知事に謝罪 被ばく線量発言で

参院環境委員会の閉会中審査に臨む丸川珠代環境相=国会内で2015年12月18日午後1時29分、藤井太郎撮影

 丸川珠代環境相は12日の閣議後記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で国が長期目標とする年間追加被ばく線量の1ミリシーベルトを「何の科学的根拠もない」などと発言したと報じられた問題について、福島県知事に電話で謝罪したことを明らかにした。地元の首長にも「言葉足らずだったとおわびした」という。

 丸川氏は、発言内容については記録がなく事実関係が確認できないとして、撤回する考えがないことを強調。その上で「長期目標は堅持し、引き続きその達成に向けて政府一丸となって、被災地の復興に全力を尽くす」と述べた。【渡辺諒】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ベッキー 映画「LION」に太鼓判 「最後の一秒まで見逃さないで」(スポニチ)
  2. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
  3. ノーベル文学賞 ディランから講演の連絡届かず 不履行なら賞金失う(スポニチ)
  4. 東京・調布の小型機墜落 1年 「思い出したくない」 周辺住民、自家用機再開に反対
  5. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]