メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃棄カツ横流し

信頼回復かけ流通大手 独自監視で自衛

みのりフーズで見つかった主な製品と販売者・製造者

 産廃業者「ダイコー」(愛知県稲沢市)が処理を委託された食品を横流しした事件は発覚から約1カ月。流通大手は相次いで横流し防止策を打ち出している。プライベートブランド(PB)やオリジナル商品が横流しされ、企業のブランドイメージが損なわれかねないためだ。法が求める以上の厳しさで、廃棄の確認を徹底する方針。

 これまでダイコーから食品関連会社「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)への横流しが発覚したのは「カレーハ…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです