メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「幸福」「若者」担当相に女性を起用

 【カイロ秋山信一】アラブ首長国連邦(UAE)で10日に行われた内閣改造で、新設された幸福担当の国務相に女性のオフド・ロウミ首相府長官、若者担当の国務相に22歳の女性、シャムマ・マズロイ氏がそれぞれ起用された。

 ムハンマド首相兼副大統領がツイッターで発表した。首相を含む29閣僚のうち8人が女性だという。

 首相は新内閣の重点分野として「未来、若者、幸福、教育、気候変動対策」を列挙。幸福担当相の新設に関連して「国民の幸福は願うものではない。政府は計画や指標に基づいて仕事を進める」と述べた。

 UAEなどペルシャ湾岸諸国は長年、オイルマネーをインフラ整備や社会保障に充てて国を発展させてきた。だが、近年は資源収入への依存を減らし、国の持続的発展を促す方向性を模索している。

 国連機関が経済や社会福祉、自由度などの数値を基にまとめた「幸福度ランキング」(2015年4月公表)で、UAEは158カ国・地域のうち20位とアラブ諸国で最上位に評価され、日本(46位)やドイツ(26位)を上回った。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドラゴンクエスト OP曲が東横線渋谷駅の発車メロディーに 7月5日から2カ月間
  2. 英国ショック 保守党、深まる混迷 ジョンソン氏不出馬
  3. 特養待機者急減 要介護者、奪い合い 施設空き出始め
  4. 自民 岡田氏の質問状に「回答しない」 民進に伝える
  5. 原発汚染土 「8000ベクレル以下」なら再利用を決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]