メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現地で追悼式 雨中の捜索、遺体十数人発見

地震の犠牲者の冥福と行方不明者の無事を祈る家族ら=台湾南部・台南市で2016年2月11日、林哲平撮影

 【台南(台湾南部)鈴木玲子、林哲平】台湾南部を襲った地震で被害が広がった台南市の葬儀場で12日、市主催による犠牲者の初七日の追悼式が行われた。式では僧侶の読経の中、家族らが犠牲者の冥福を祈った。

 台南市によると、地震の死者は計94人となった。

 最大の被害が出た台南市内のビル倒壊現場ではこの日も降りしきる雨の中で捜索が続けられた。重機によるがれきの撤去が進んだこともあり、未明から朝にかけて十数人の遺体が見つかった。なお約30人が行方不明となっており、捜索を見守る家族の一人は「せめて初七日の今日中には見つかってほしい」とつぶやいた。

 追悼式には遺族や友人のほか、5月に総統に就任する民進党の蔡英文主席や馬英九総統ら多くの人が出席した。

 倒壊したビルには若い家族が多く暮らしていたため、犠牲者には子供が少なくない。祭壇には犠牲者の遺影が並び、近くには花や供物のほか、子供用のおもちゃやサンダルなども数多く供えられていた。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不正アクセス容疑 17歳、成績管理システムに侵入
  2. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
  3. 共産・藤野氏 「人を殺す予算」と発言、取り消す
  4. 特集ワイド あの前都知事と大違い、惜しまれ引退クリーン村長 本州で人口最少、信号機もない和歌山県北山村
  5. 第2パナマ運河 「第1」に並行し開通…日本、多大な恩恵

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]