メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男性育休に影響懸念…馳文科相ら

不倫報道に関しての記者会見を終え、会場を出る自民党の宮崎謙介衆院議員=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2016年2月12日午前11時45分、後藤由耶撮影

 自民党の宮崎謙介衆院議員(35)は東京・永田町の衆院第2議員会館で午前10時45分から記者会見に臨んだ。

 宮崎氏は女性タレントとの不倫問題が報じられる前、自身の育休宣言について「想像以上の逆風だった」と語り、「男性の育休取得の重要性は認識されているのに、社会や職場の『空気』が取得を阻んでいる。(自分の宣言で)『空気』をぶっ壊す」などと意図を説明。「ここまで批判があるなら絶対に折れるわけにはいかない」と決意を語っていた。

 今回の騒動に困惑が広がっている。

 厚生労働省のイクメンプロジェクト座長で、認定NPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表理事は「今回の件で男性の育休自体にネガティブなイメージが付いてしまったのは、非常に残念。だが、彼の行動とは関係なく、男性国会議員でも育休を取得すべきだ、という彼の主張自体は今も正しいと思っている」と述べ、不倫問題と男性育休問題を区別すべきだと訴えた。

 閣議後の記者会見で馳浩文部科学相は「自業自得」と批判。「このようなことで、男性の育児休暇取得や『イクメン』の役割が否定されたり評価が下がったりということがあってはならない」と懸念を示した。塩崎恭久厚生労働相は「(宮崎氏の問題は)個別ケースであって(イクメンを育てる)政策に影響を与えるものではない」と述べた。

 評論家の樋口恵子さんは、騒動にあきれた様子で「自民党は甘利明氏の閣僚辞任などスキャンダルが続いている。『1強多弱』の政治状況で、いろいろ緩みが出ていると感じる」と指摘した。

 一方、政治評論家の森田実さんは「不倫は不道徳で国民の批判を受けるだろうが、政治と直接関係がなく、辞職すべきではない。針のむしろかもしれないが、議員の責任を果たし、時間をかけて信頼を回復するのが本道。あしき先例になる方が問題だ」と懸念を口にした。【樋岡徹也、中村かさね、佐々木洋】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
  2. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
  3. 高畑容疑者 母淳子さん謝罪 前橋署で面会
  4. 埼玉河川敷遺体 LINEに「暴行加え、死亡後に埋めた」
  5. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]