メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロンドン市場で一時110円台 リスク回避広がる

円相場の推移

 【ロンドン坂井隆之】11日の欧米金融市場は、世界経済の先行き懸念から株式や原油などの資産が売られ、相対的に安全とされる円や金を買うリスク回避の動きが広がった。ロンドン市場での取引で円相場は対ドルで一時、1ドル=110円台後半まで上昇。2014年10月31日以来、約1年3カ月ぶりの高値をつけた。休場明けの12日の東京市場でも混乱が懸念され、円高・ドル安が企業収益に与える影響を指摘する声も上がる。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が10日の米議会証言で「株安やドル高が続けば経済活動の見通しの重しとなる」と述べ、追加利上げに慎重な姿勢を見せたことで、ドル売り・円買いの動きが強まった。

 午前の欧州株式市場では、代表的指標の英FTSE100が一時、前日終値比3%下落、独DAXも一時3・5%下落するなど、軒並み大幅安となった。商品市場では、原油の国際指標である米国産標準油種(WTI)の下げ幅が一時3%を超え、1バレル=26ドル台後半まで下落した。

 欧州では、欧州中央銀行(ECB)など各国中銀が導入したマイナス金利による運用収益の悪化や、資源関連融資の焦げ付きによって金融機関の経営が悪化するとの懸念が強まり、ドイツ銀行やクレディ・スイス、英HSBCなどの大手銀行株が軒並み急落している。原油安の進行を受け、英BPや英・オランダ系のロイヤル・ダッチ・シェルなど資源関連株も大幅安となっている。

 一方、株式などのリスク性資産から安全資産にお金を移す動きが強まり、米国やドイツの国債価格が上昇(金利は下落)した。商品市場では安全資産である金の価格が急上昇した。市場では「中国など新興国経済の減速と、原油安、銀行の経営不安など複数の悪材料が同時に押し寄せて、資金が安全資産に流れている」(アナリスト)との声が出ている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高畑容疑者 花王、母の淳子さん出演のCM中止
  2. 五輪陸上 表彰式でブーイング 観客、銀の仏選手に
  3. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
  4. 全日空 5カ月公表せず B787、国際線でトラブル発覚
  5. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]