メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共和党 クリスティー氏とフィオリーナ氏撤退

候補指名争い ニューハンプシャー州予備選で6位と7位

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた共和党候補指名争いに立候補していたニュージャージー州のクリス・クリスティー知事(53)とヒューレット・パッカード元最高経営責任者(CEO)のカーリー・フィオリーナ氏(61)は10日、選挙戦から撤退することを明らかにした。9日のニューハンプシャー州予備選の得票率はクリスティー氏が7.4%で6位、フィオリーナ氏は4.1%で7位とふるわなかった。

     フィオリーナ氏は、同党指名争いで唯一の女性候補だった。

     同州予備選で、共和党は不動産王ドナルド・トランプ氏(69)が得票率35.3%、民主党はバーニー・サンダース上院議員(74)が60.4%を獲得して勝利した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 筑波サーキット レース中に事故、男性死亡 茨城
    2. 平塚市教委 授業中校外で事故死、第三者委 「考え甘かった」 /神奈川
    3. 自民党 石破派、産経記事配布に抗議
    4. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    5. 前理財局長 「ゼロ回答」で栄転 禍根残す人事?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]