メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「英、中、韓」…多言語で音声案内システム

「ポッチUD−W」を開発したレハ・ヴィジョンの一二三吉勝社長。手前左側が音声情報装置、右側が言語選択ボックス=石川県能美市で、金志尚撮影

石川県能美市の「レハ・ヴィジョン」が開発

 視覚障害者向けの福祉機器を製造する石川県能美市の「レハ・ヴィジョン」が、多目的トイレ用の多言語音声案内システムを開発した。従来の視覚障害者に加え、障害の有無を問わず外国人観光客にも安心してトイレを使ってもらえるよう鍵のかけ方や流水ボタンの位置などを英、中、韓の3カ国語で案内する機能を備えた。2020年東京五輪などで訪日外国人のさらなる増加が見込まれる中、集客施設などでの設置を呼びかけている。

 開発した製品は「ポッチUD−W」。トイレ入り口近くに設置する「言語選択ボックス」と、便座そばに備え付ける「音声情報装置」の2種類の機器を1セットで使う。

 多目的トイレに入るとまず、音声情報装置に内蔵されたセンサーが人の動きを感知し、「多目的トイレ内、音声案内です」というアナウンスが日本語で流れる。

 続いて、言語選択ボックスに関する音声案内が各言語でそれぞれ始まり、丸(英)、三角(中)、四角(韓)の三つのボタンがどの言語に対応するかを利用者に伝える。何も押さなければ自動的に日本語に戻る。

 例えば、この時に四角のボタンを押すと、韓国語で「鍵はドア取っ手下に回転レバーがあります」などと説明される。さらに詳細な情報が必要な場合は音声情報装置にあるボタンを押せば、「便座に座った状態で、トイレットペーパーは右壁、手すりの上。その手前に水を流すボタン」などと案内される。

 02年に設立されたレハ・ヴィジョンは、視覚障害者向けの福祉機器を専門にしている。特にトイレは当事者から「便座の位置が分からない」などと切実な声が寄せられ、音声案内装置の開発に力を入れてきた。

 今回は視覚障害者に加えて外国人にも対応できる装置を目指し、14年6月に開発を始めた。既設のトイレでも設置は可能。価格は1台約40万円で、昨年11月に完成すると、大手ショッピングセンターが導入を決めるなど、早速関心を集めている。

 現在は日本語を含めた4カ国語のみの対応だが、最大16言語まで増やすことも可能という。便座に座る際の体の向きや使用済みのトイレットペーパーの扱いなど、外国人が間違いやすい行為に関する音声案内も今後加える予定だ。

 同社の一二三(ひふみ)吉勝社長(67)は「外国人がトイレで困っているという話をよく聞く。使い方が分かれば外国人も日本人もお互い気持ちの良い関係になれる」と話している。【金志尚】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の全文
  2. 大阪女児焼死 なぜ冤罪見抜けなかったのか 再審無罪判決
  3. 大阪女児焼死 再審 母親に無罪判決 地検は上訴権放棄へ
  4. 社説 チケット高額転売 歯止めの議論が必要だ
  5. 小池都知事 「東京五輪組織委も調査対象に」森会長らに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]