メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 11日午前9時10分ごろ、群馬県片品村の小至仏山(こしぶつさん、2162メートル)の頂上付近で、男性2人が倒れているのを同県警沼田署員がヘリから発見した。2人とも既に心肺停止の状態で、病院に運ばれたが、死亡が確認された。

     同署によると、2人は共に会社員の同県吉岡町の星野守さん(38)と同県渋川市の神原達矢さん(29)で、死因はいずれも低体温症だった。9日午前、日帰りの予定で小至仏山北側の至仏山(しぶつさん、2228メートル)に向かったまま行方が分からなくなっていた。10日に勤務先から「山に登った社員2人が出社しない」と同署に通報があり、捜索していた。

     発見現場は山頂から約100メートル手前の尾根で至仏山への登山ルートの通過点という。【田ノ上達也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民・竹下氏 「言わなきゃ良かった」同性パートナー発言
    2. ベルギー 工場火災でワッフル焼ける 首都ににおい充満
    3. そこが聞きたい 慰安婦問題 日韓合意1年 元アジア女性基金専務理事・和田春樹氏
    4. 漫画で解説 慰安婦少女像って?の巻
    5. 米SF慰安婦像 民間交流補助金も打ち切りへ 大阪市長

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]