メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犠牲者の冥福祈る…月命日には欠かさず

 東日本大震災の発生から4年11カ月を迎えた11日、被災地では遺族らが犠牲者の冥福を祈った。

     宮城県南三陸町の防災対策庁舎で津波に流され亡くなった井上翼(たすく)さん(当時23歳)の父誠さん(57)と母美和子さん(52)はこの日、墓前で手を合わせ、同庁舎なども訪れた。

     2031年まで県が維持管理することになっている同庁舎に対し、夫妻は「観光地みたいになっている」と解体を今も望む一方、「翼にとって最期の場所だから」と月命日には欠かさず足を運ぶ。2年ほど前からお墓の周りにサクラやスイセンなどを植え始め、誠さんは「いつか周りを華やかにしてあげたい」と話した。【喜屋武真之介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]