メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最終日も大勢の観光客でにぎわう 札幌

「さっぽろ雪まつり」の大通会場は最終日を迎え、「毎日氷の広場」の大氷像前ステージでは大太鼓が披露された=札幌市中央区で2016年2月11日午後5時37分、武市公孝撮影

 真冬の札幌を彩る「第67回さっぽろ雪まつり」は11日、メインの大通会場とすすきの会場(いずれも札幌市中央区)で最終日を迎え、国内外から訪れた大勢の観光客でにぎわった。

     大通会場「毎日氷の広場」の大氷像「台湾−女王頭(クイーンズヘッド)と平渓派出所」前ステージでは、台湾との往復航空券が当たる抽選会などが催された。

     計208基の雪氷像が展示されたが、大通会場の雪氷像は多くが12日に取り壊される。雪と氷の滑り台などが楽しめる「つどーむ会場」(札幌市東区)は18日まで。【三股智子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    3. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    4. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    5. ORICON NEWS サントリー、ビール広告動画が公開中止 内容に「下ネタ」と批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]