メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最終日も大勢の観光客でにぎわう 札幌

「さっぽろ雪まつり」の大通会場は最終日を迎え、「毎日氷の広場」の大氷像前ステージでは大太鼓が披露された=札幌市中央区で2016年2月11日午後5時37分、武市公孝撮影

 真冬の札幌を彩る「第67回さっぽろ雪まつり」は11日、メインの大通会場とすすきの会場(いずれも札幌市中央区)で最終日を迎え、国内外から訪れた大勢の観光客でにぎわった。

     大通会場「毎日氷の広場」の大氷像「台湾−女王頭(クイーンズヘッド)と平渓派出所」前ステージでは、台湾との往復航空券が当たる抽選会などが催された。

     計208基の雪氷像が展示されたが、大通会場の雪氷像は多くが12日に取り壊される。雪と氷の滑り台などが楽しめる「つどーむ会場」(札幌市東区)は18日まで。【三股智子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 乳児遺体 女の映像を初公開 福岡県警
    2. プロ野球 日本ハムが優勝…4年ぶり7度目 パ・リーグ
    3. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    4. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
    5. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]