メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち ボクシング・荒本一成選手/下 /奈良

世界相手に高鳴る胸 荒本一成選手(王寺工高)

 1年生でボクシング高校2冠を達成した荒本一成選手(16)=王寺工高=にとって、国内にライバルと呼べる同世代の選手はいない。「世界で勝ちたい」。視線は既に海の向こうにある。

 昨年6月にウズベキスタンで開催されたアジアジュニア選手権。初めての海外試合ながら順調に勝ち進んだが、決勝で同国の同い年の選手に判定負けを喫した。自分よりも頭一つ分身長が高く、リーチの長さを生かした相手のアウトボクシングに翻弄(ほんろう)された。それ以上に「観客全員が相手を応援していた」と開催地の選手を相手にする難しさを嫌というほど味わった。

 3カ月後にロシアで開かれた世界ジュニア選手権では、1回戦でアルメニアの選手に判定負け。悔しさを感じ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです