メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱航空機

MRJ開発体制強化 社長「外部の技術者20人招く」

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)を開発している三菱航空機の森本浩通社長が毎日新聞の取材に応じ、親会社の三菱重工業や同業他社などから、航空機開発の専門家を今春から受け入れ、開発体制を強化する方針を明らかにした。森本社長は「重工などから約20人の技術者に加わってもらい、開発の人員を一層補強したい」と述べた。【竹地広憲】

 三菱航空機は昨年12月、機体の安全性を高めるための試験項目を追加するなどして開発計画を変更し、20…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです