メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「見るの初めて」笑顔…JR北が一般試乗会

北海道新幹線一般試乗会で新函館北斗駅に停車している車両を見る乗客親子=北海道北斗市で2016年2月13日午前9時2分、武市公孝撮影

 北海道新幹線(新青森−新函館北斗)の3月26日開業を前に、JR北海道は13日、初めての一般向け試乗会を新函館北斗−木古内(きこない)間(35.5キロ)で開いた。片道約12分を往復する短い旅だが、9.4倍の高い競争率から抽選で選ばれた人たちが最高時速260キロの車窓からの景色を一足先に満喫した。

 新函館北斗駅では、参加者らが新型車両「H5系」の前で記念撮影。在来線特急列車よりもゆとりのある座席や雪の結晶をあしらった内装を楽しみながら、新幹線の乗り心地を確かめた。函館市の斉藤久美子さん(43)と息子の修佑(しゅう)君(11)は「新幹線を見るのは初めて。雪のなかを走行するのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 一般向け試乗会は13日2往復、14日3往復で行われ、計約3000人が参加する。【遠藤修平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状
  2. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
  3. 麻生氏 「証券会社勤めはやばいやつ」
  4. 三菱自 8車種で燃費訂正 最大8.8%、販売一時中止
  5. 体感治安 大阪最下位 警察庁が初調査、警察信頼度に比例

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]