メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横田さん母「北朝鮮は不誠実」

北朝鮮が拉致調査を中止すると発表したことを受け、心境を語る横田早紀江さん=川崎市で2016年2月13日午前9時13分、竹内紀臣撮影

 日本人拉致被害者などに関する再調査を中止するとの北朝鮮の突然の表明から一夜明けた13日、横田めぐみさん(行方不明時13歳)の母早紀江さん(80)は「不誠実な態度にいらだちを感じる」と改めて怒りの声を上げたうえで拉致問題の解決に向けたさらなる努力を日本政府に求めた。北朝鮮の「特別調査委員会」は日本政府が認定した拉致被害者以外の行方不明者や日本人妻なども調査対象としていたことから、これらの問題への影響も懸念されている。【太田圭介、岸達也、柳沢亮】

日本政府に行動力期待

 早紀江さんは13日午前、報道陣の取材に応じ、「北朝鮮が不誠実な態度を取っていることにいらだちを感じる。(拉致被害者らの調査を北朝鮮が約束した)ストックホルム合意以外の道もあると思うので、政府には頑張っていただきたい」と語った。

 核兵器などの開発を強行する北朝鮮に対して「(日本)政府も、こういうことが起きることはある程度認識していたかもしれないが、今回のことで北朝鮮がひどいことを平然とやり続け、人命も軽視する国だということが世界中に明らかになった」と強調。日本政府に対し「しっかりとした姿勢を崩さずに、世界各国と協調して行動力を発揮してほしい」と求めた。

 一方で「けんかしましょうとは言っていない。これ以上ひどいことが起きないことが大事であり、平和になってほしい」と話し、平和的解決を望む考えも示した。

 「私たちは親の立場でしか努力はできない。うそを言わずに拉致被害者を帰してくれれば何にも言わない」とも語った。

 拉致被害者の曽我ひとみさん(56)=新潟県佐渡市=は13日、「北朝鮮が調査を中止すると知り、正直焦りを感じています。何らかの交渉ができる余地があるのなら、どんな方法でもいいので、一日も早く家族を取り戻せるようにしてください」とのコメントを発表した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤフー 異例の週休3日検討…全員対象、数年で実現狙う
  2. 横浜・患者死亡 出勤の男性医師「信じられない」
  3. 大相撲秋場所 感傷浸る間なかった…豪栄道、遅咲きの光栄
  4. 大相撲秋場所 産んだかいあった…母、喜びひとしお
  5. 大相撲秋場所 寝屋川市役所、快挙に歓声…豪栄道・出身地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]