メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暖冬

ヤマアカガエルの卵がふ化 過去最速

卵塊から、ふ化して泳ぐ体長1.5センチほどのオタマジャクシ=熊野市紀和町丸山で

 三重県熊野市紀和町丸山の国内最大級の棚田「丸山千枚田」(7.2ヘクタール、1340枚)に設けた水生生物観察用ビオトープで12日、ヤマアカガエルとみられる卵がふ化しているのが見つかった。卵塊には卵が1000個以上あり、体長1.5センチほどの黒いオタマジャクシが元気よく泳いでいる。所有者の農業、北富士夫さん(81)によると、暖冬で昨年より約10日早く、過去最速のふ化だという。

     丸山千枚田は、山の斜面を流れる谷川から水を引いている。中央部にある2アールのビオトープでは夏にハスが咲き、秋には赤いヒガンバナがあぜを彩る。

     昨年12月26日、今季初の卵が見つかり、今や卵塊は長さ25センチから70センチまで11に増えた。

     このうちの一つで12日朝、ふ化を確認した北さんは「もうすぐオタマジャクシで(ビオトープが)いっぱいになる」と笑った。【汐崎信之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
    2. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    3. 大雪 23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯
    4. 卓球 伊藤、みうみま対決制す 第1ゲーム6連続得点
    5. 大砂嵐事故 角界、止まらぬ不祥事 暴行、セクハラに続き

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]