メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内10年ぶり、新潟・苗場で開幕

10年ぶりに国内で開催されたアルペンスキーW杯湯沢苗場大会で、雪煙を上げながら大回転のコースを滑走するオーストリアのマルセル・ヒルシャー選手=新潟県湯沢町の苗場スキー場で2016年2月13日、宮間俊樹撮影

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)湯沢苗場大会が13日、新潟・苗場スキー場で開幕した。初日は17カ国56選手が出場して男子大回転があり、日本勢は成田秀将選手(東海大)、石井智也選手(サンミリオンスキーク)ら6人が出場した。

     国内でのアルペンスキーW杯開催は2006年の志賀高原(長野)大会以来10年ぶりで、苗場開催は41年ぶり。日本でのW杯は初めて開催された1973年の苗場大会以来2年に1回ほど開かれていたが、数億円の開催費用がかかることなどから06年を最後に行われていなかった。今回は国際スキー連盟が日本での開催を望んだことを受け、湯沢町が中心となって地元企業などの支援を募った。【坂本太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    2. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    3. ポケモンGO 運転中にゲーム 国内初の死亡事故 徳島
    4. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
    5. 東京五輪 桜描いたカラー記念1000円硬貨

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]