メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市議報酬半減、恒久化を検討

 特例で年800万円に半減している名古屋市議の報酬を見直す動きについて、河村たかし市長は12日、半減を恒久化する条例案の提案を検討していることを明らかにした。河村市長は「やれることは全部やらざるを得ない」とも述べ、市議会解散(リコール)の可能性も示唆した。

     一方、自民、民主、公明の3会派は同日の理事会で、市議報酬の654万円増額と議員定数の7議席を削減する条例案の提案を確認した。3会派で議席の3分の2を占めており、2月議会で可決される見通しだ。一方、減税日本市議団は記者会見を開き、「民意が反映されていない」と批判し、共産とともに反対している。【三上剛輝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 疫学調査 魚たくさん食べる人、うつ病リスク半減
    2. ORICON NEWS 『けもフレ』運営側、監督の降板騒動受け経緯説明 作品利用めぐり意見の相違か
    3. 防府市長 慰安婦言及教科書「採択中止願うはがき」
    4. 麻生太郎氏 ヒトラー発言撤回 釈明と反論も展開
    5. 衆院選 山尾志桜里氏の対応苦慮 愛知7区で各政党

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]