メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在庫で評価損 4社で赤字4000億円

 石油元売り大手5社の2015年度の連結決算や業績予想が12日、出そろった。原油価格の急落で、各社とも抱えている石油在庫の資産価値を見直す評価損を計上し、東燃ゼネラル石油を除く4社が最終(当期)赤字か、赤字見通しとなった。4社の赤字額の合計は約4000億円に膨らむ見通しで、石油開発投資への悪影響も懸念されている。

     最大手のJXホールディングス(HD)は、昨年11月時点で1バレル=50ドルとしていた原油価格想定を30ドルに引き下げ、800億円としていた16年3月期決算の在庫評価損見通しを2650億円に修正。15年12月期決算の東燃ゼネラル石油も871億円計上するなど、5社の関連損失は計5439億円に達する見込みだ。

     原油安は各社の海外事業も直撃した。JXは採掘コストに見合わない事業がでてきたため、2350億円の損失を計上。その結果、これまでの黒字予想から一転し、最終損益は3300億円の赤字(前期は2772億円の赤字)になる見通しだ。2年連続の巨額赤字となる影響について、大田勝幸取締役は「今後は油田開発などへの投資も圧縮せざるを得ない」と話す。

     出光興産も、石油開発事業で243億円の損失を計上しており、最終損益が130億円の赤字(前期は1379億円の赤字)、コスモエネルギーHDも270億円の赤字を見込む。【寺田剛】

    石油元売り5社の2015年度連結決算見通し

     ※単位・億円。HDはホールディングスの略。▼は赤字。JXHD、出光興産、コスモエネルギーHDは2016年3月期見通し、残る2社は2015年12月期実績。

               最終損益 在庫評価損

    JXHD      ▼3300  2650

    出光興産       ▼130   800

    コスモエネルギーHD ▼270   570

    昭和シェル石油    ▼274   548

    東燃ゼネラル石油    0.5   871

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 善光寺 トップの貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告
    2. スイカロードレース 熱中症で男性重体…千葉・富里
    3. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    4. 参院選 17歳で1票 誕生日前に不在者投票 富山・魚津
    5. 大相撲 「名古屋めし」ごっつあんです…7月10日初日

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]