メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンダの展示再開へ 今季の繁殖難しく

 東京都立上野動物園は12日、繁殖に向けた同居準備のために展示を中止していたジャイアントパンダの雄リーリーと雌シンシン(いずれも10歳)について、13日に雄の展示を再開すると発表した。今季の繁殖は難しいと判断したため。雌には健康診断を受けさせ1週間以内に展示を再開する予定。

     同園は、2頭が発情の兆候を見せたとして4日から展示を中止し、柵越しにお見合いをさせて同居のタイミングを計っていた。しかし、互いに頻繁に鳴き合ったり、柵越しに近づいて離れなかったりする発情のピーク時にみられる行動がなく、雌のホルモン値も下がった状態が続いたことなどから、今季の発情期は終わったと判断した。【川畑さおり】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    2. 安倍首相 「消費増税2年半延期」政権幹部に提案
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]