メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンダの展示再開へ 今季の繁殖難しく

 東京都立上野動物園は12日、繁殖に向けた同居準備のために展示を中止していたジャイアントパンダの雄リーリーと雌シンシン(いずれも10歳)について、13日に雄の展示を再開すると発表した。今季の繁殖は難しいと判断したため。雌には健康診断を受けさせ1週間以内に展示を再開する予定。

     同園は、2頭が発情の兆候を見せたとして4日から展示を中止し、柵越しにお見合いをさせて同居のタイミングを計っていた。しかし、互いに頻繁に鳴き合ったり、柵越しに近づいて離れなかったりする発情のピーク時にみられる行動がなく、雌のホルモン値も下がった状態が続いたことなどから、今季の発情期は終わったと判断した。【川畑さおり】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
    2. ことば 松橋事件
    3. 英党首選 ジョンソン氏能力不足…ゴーブ氏、盟友切り捨て
    4. 名勝 岩肌にくさび、各地で発見 文化庁が緊急調査 ロッククライマー「文化財と知らず」
    5. 都知事選 自民、小池氏中心に調整…桜井氏の説得困難

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]