メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

規制委「活断層ない」

 原子力規制委員会は12日、東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の安全審査の会合を開き、同原発の重要施設の直下を通る断層について「活断層ではない」との結論をまとめた。規制委は6、7号機で想定する最大の揺れ「基準地震動」もすでに了承しており、審査はヤマ場を越えた。

     この断層は、4号機原子炉や1〜4号機側防潮堤の真下を通る「F5断層」。活断層と判断されれば防潮堤が地震で壊れる可能性が生じ、4号機は廃炉が不可避になるなどの影響があった。規制委は、東電が昨年12月から行ったボーリング調査などを基に、「約24万年前よりも新しい活動はなく、将来動くとは考えられない」と判断した。【酒造唯】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    2. 民進党 蓮舫代表、人事で試練 「野田幹事長」反発広がる
    3. AV出演強要 神戸大教授、規制強化に反対 内閣府聴取
    4. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑
    5. 東京都議会 豊洲盛り土、探求の義務 小池知事が所信表明

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]