メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子サッカー元選手が監督ら提訴 札幌地裁

 女子サッカー3部リーグ「ノルディーア北海道」に所属していた際、監督からセクハラを受けたなどとして、同チームの元選手2人が12日、チームを運営する一般社団法人と当時の男性監督(49)を相手取り、計1000万円の損害賠償を求め、札幌地裁に提訴した。ノルディーアの曽田雄志・球団代表は「事実関係を確認し、誠実に対応したい」とのコメントを出した。

     訴状によると、男性監督は2013年10月、自宅で当時19歳の女子選手(21)に性的な質問をし、抱きつくなどした。また、別の日には自宅で女子選手(22)に抱きついたり、キスを迫ったりしたという。

     2人は15年5月、球団側に改善を要求。その後、監督が同月に辞任し、2人は同7〜11月、練習態度などを理由に相次いで退団させられた。記者会見した一人は「セクハラ隠蔽(いんぺい)のため、退団させられた。納得できない」と主張している。

     男性監督は今年2月、コンサドーレ札幌と提携するタイ男子リーグ「コンケーンFC」の監督に就任している。【日下部元美】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 事故 ダムに車転落、5人死亡…バーベキュー帰り 大阪
    2. 京大病院 「ドカーンと大きな音」実験室出火、放射線検出
    3. 石田三成重臣 「猛将」嶋左近の書状2通 大阪で見つかる
    4. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
    5. 水難事故 水上バイク突っ込む ゴムボートの男児2人死亡 岐阜・木曽川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]