メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発

廃炉への道「まだ1合目」

震災発生当時のまま手付かずになっている旧事務本館=福島第1原発で2016年2月12日午後0時22分、森田剛史撮影

 東京電力福島第1原発事故から間もなく5年。毎日新聞は12日に福島第1原発に入り、汚染水をためる貯蔵タンクの建設現場や、海水などの放射性物質濃度を分析する「化学分析棟」などを取材した。敷地内の放射線量は下がり、廃炉作業は進展しているように見えるが、終了は2041〜51年までかかり、現場では一進一退の作業が続いている。【鳥井真平】

 「プールに入ると風邪をひくくらいの温度まで下がっています」。東電の川村信一・福島第1廃炉推進カンパ…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1077文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]