メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初の男子最優秀・内山高志新たな意気込み

ボクシングの年間表彰を受けた(左から)井岡、内山、山中=東京都内で2016年2月12日午後0時44分、村社拓信撮影

 プロボクシングの2015年度年間優秀選手表彰式が12日、東京都内で行われた。男子最優秀選手賞に初めて選ばれた世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)は「36歳でも体力と気力が落ちない限り、頑張っていく」と新たな意気込みを示した。

     世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者で来月4日に10回目の防衛戦に挑む山中慎介(帝拳)が技能賞、3階級制覇を果たしたWBAフライ級王者の井岡一翔(井岡)が殊勲賞をそれぞれ受賞し、表彰された。

     また、女子最優秀選手賞は藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が受賞した。藤岡は昨年、世界ボクシング機構(WBO)女子バンタム級王座決定戦を制し、3階級制覇を達成した。【村社拓信】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あおり運転 横行 摘発、昨年は7625件 遭遇したら警察に通報、車内待機
    2. 希望の党 小池氏、排除発言で弁明「傷つけるつもりない」
    3. 要望書 「別府の七不思議」 最重要交差点に横断歩道を
    4. ORICON NEWS 新垣結衣、高校生告白の練習台に 「初めてが私でいいんですか?」と神対応
    5. えらぼーと解析 自民は支持者との一致度68%に 初公開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]