メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/96 ドイツ 「ベガーナー」たちの生活とは

 ドイツ料理りょうりえばソーセージや豚肉ぶたにくというイメージですが、ドイツではいまにくかわなど動物どうぶつからできたものけた生活せいかつおくる「ベガーナー」というひとたちが話題わだいです。

     野菜やさい主食しゅしょくにしながら、たまご乳製品にゅうせいひんべる「ベジタリアン」は一般的いっぱんてきですが、ベガーナーは一切いっさい動物性食品どうぶつせいしょくひん革製品かわせいひんにつけません。そのため「完全かんぜんベジタリアン」ともばれます。

     こうした生活せいかつスタイルは1940年代ねんだい動物愛護運動発祥どうぶつあいごうんどうはっしょう、イギリスで誕生たんじょうしました。動物どうぶついのちまもるため、健康けんこうのためなど目的もくてきはさまざま。ドイツには現在人口げんざいじんこうの1.1%にたる90万人まんにんのベガーナーがいます。

     健康けんこう自己満足じこまんぞくもとめるひとあつまる都会とかいではベガーナーが大人気だいにんき首都しゅとベルリンにある専用せんようスーパーマーケット「ベガンツ」には一般いっぱんのスーパー同様どうよう、たくさんのチーズやハムがならびます。大豆だいずなどの植物しょくぶつもとつくられたものですが、あじにくちかくなるよう工夫くふうされています。店員てんいんのミッシェル・ヘングストさん(30)は「ベガーナーの料理人りょうりにんがメディアにげられたことなどから1年半前ねんはんまえから人気にんき急上昇きゅうじょうしょう国内こくないぜん10店舗てんぽ毎月まいつき万人まんにんおとずれます」とはなす。

     なかには植物原料しょくぶつげんりょうだけでつくられたドッグフードも。ヘングストさんは「医学的いがくてきにも問題もんだいはなく、このえさ不満顔ふまんがおいぬたことがない」とむねります。いぬもベガーナーになることで動物愛護どうぶつあいご参加さんかする。理論好りろんずきなひとおおいドイツならではの光景こうけいかもしれません。【ベルリン・中西啓介なかにしけいすけ写真しゃしんも】


    国名こくめい ドイツ連邦共和国れんぽうきょうわこく

    首都しゅと ベルリン

    面積めんせき 35まん7124平方へいほうキロメートル

    人口じんこう 8265まん2000にん(2014年推定ねんすいてい

    現地通貨げんちつうか 1ユーロ=やく130えん

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
    4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
    5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]