メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

捜索活動終了 死者は116人に

倒壊ビルでの捜索活動の終結を宣言した台南市の頼清徳市長=台湾台南市で2016年2月13日、鈴木玲子撮影

 【台南(台湾南部)鈴木玲子】台湾南部を襲った地震は13日で発生から1週間となった。最大の被害を出した台南市の16階建ての倒壊ビルについて、頼清徳市長は同日夕、行方不明者をすべて発見したとして現場での捜索活動の終結を宣言した。ビル現場での死者は114人、全体では116人に上った。負傷者は550人。

 市政府は、地震発生から約180時間後の13日午後3時58分(日本時間同4時58分)、最後の行方不明者だった男性1人の遺体を発見した。頼市長は記者会見し、住民記録や家族らからの情報に基づき「すべての行方不明者の捜索を完了した」と宣言した。会見開始前には、頼市長ら幹部が犠牲者に1分間の黙とうをささげた。

 このほか女性1人の行方不明情報が寄せられていたが、頼市長は、女性はビルの住民ではなく、当時ビルにいたのかも情報があいまいなうえ、埋まった可能性がある地下約3メートルまで掘って確認したが発見されなかったとして「女性はビルにはいなかったと判断した」と説明した。

 コの字形ビルは広い通りに面した側に横倒しとなった。倒壊による衝撃で、ビルが道路の舗装を突き破って地下に埋没。最深で地下4メートルまで埋まったことなどから地面に近い下部に犠牲者が集中した。早期に道路の原状回復などを図るとしている。

 倒壊ビルを巡っては「手抜き工事」や構造欠陥の可能性があり、業務上過失致死の疑いでビル建設会社の元社長ら3人を拘束した。頼市長は調査を徹底していく方針を改めて示した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 15歳のニュース 成人年齢引き下げ 喜んでいいの?だめなの?
  2. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
  3. 小池知事所信表明 豊洲問題「信頼失った」 徹底調査意向
  4. プロ野球 日本ハムが優勝…4年ぶり7度目 パ・リーグ
  5. 米大統領選 トランプ氏、誇張や誤り…メディア即座に指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]