メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギルモア氏撤退 共和候補6人に

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた共和党の候補指名争いに立候補していたジム・ギルモア元バージニア州知事(66)は12日、自身のフェイスブックで選挙戦から撤退すると表明した。ギルモア氏はアイオワ州党員集会、ニューハンプシャー州予備選で、いずれも得票率で0.1%に満たなかった。最大17人いた共和党の主要候補者は、これで6人になった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文
    2. ビフォーアフター リフォーム代金未払いで朝日放送などに損害賠償
    3. 相模原殺傷 神奈川県警、被害者の実名「発表しない」
    4. 相模原殺傷 出頭直前に投稿か ツイッターにほほ笑む写真
    5. 相模原殺傷 「殺害」口走る容疑者 注意しても聞き入れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]