メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギルモア氏撤退 共和候補6人に

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた共和党の候補指名争いに立候補していたジム・ギルモア元バージニア州知事(66)は12日、自身のフェイスブックで選挙戦から撤退すると表明した。ギルモア氏はアイオワ州党員集会、ニューハンプシャー州予備選で、いずれも得票率で0.1%に満たなかった。最大17人いた共和党の主要候補者は、これで6人になった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    3. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    4. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    5. ORICON NEWS サントリー、ビール広告動画が公開中止 内容に「下ネタ」と批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]