メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カニエ・ナハさん「用意された食卓」

 現代詩人の登竜門、第21回中原中也賞(山口市主催)の選考会が13日、同市内であり、東京都江東区のブックデザイナー、カニエ・ナハさん(35)の「用意された食卓」(私家版)が選ばれた。

     全国から公募や推薦で詩集174点が寄せられ、最終選考に残った7点から詩人の佐々木幹郎さんら選考委員5人が審査した。

     受賞作のテーマは戦争。選考会で「戦争のイメージに客観性を持たせると同時に、死者そのものになりきろうとする言葉の足取りと切迫感がある」と評価された。

     カニエさんは神奈川県出身。「不穏な時代に、危機を危機と感じられるうちに、くさびを打っておきたいという思いで制作した。今後も真剣に詩と世界と向き合っていきたい」とのコメントを出した。【松田栄二郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女性遺体 集合住宅の空き家で発見 神戸
    2. 大相撲夏場所 目標の賜杯に届かず 高安3敗目
    3. 宮里藍引退へ 「年下なのに早い」一夜明けても惜しむ声
    4. サッカーU20W杯 日本、堂安のゴールで1点返す
    5. 朝食 「心身によい」小中学校でパン、バナナ提供 福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]