メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北新幹線

一ノ関駅 下り線の線路上に金具見つかる

 13日午前1時40分ごろ、東北新幹線一ノ関駅(岩手県一関市)の下り線の線路上に、金具が落下しているのを巡回中のJR東日本のグループ会社社員が見つけた。乗客や列車への影響は確認されていないという。

     盛岡支社によると金具は、への字形で長さ約30センチ、重さ約1キロ。ホーム全体を覆う高さ約10メートルの屋根と支柱を固定するものだった。昨年12月2日に点検した時には異常はなかったという。【奥山智己】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]