メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪灯籠まつり

160基に明かり、幻想的に 山形・米沢

雪灯籠を観賞する人たち=山形県米沢市丸の内の上杉神社で2016年2月13日17時31分、佐藤良一撮影

 「第39回上杉雪灯籠(どうろう)まつり」が13日、山形県米沢市の上杉神社や松が岬公園で始まった。午後5時、鎮魂祭で郷土の戦没者に祈りをささげ、160基の雪灯籠に明かりが入った。大勢の観光客や市民らが幻想的な明かりで照らされた雪道をゆっくりと歩き観賞していた。

 今年の新企画は、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)で彩られた直径約3メートルの花笠(はながさ)イルミネーションと、福島県会津地方の灯具「瓦燈(がとう)」で、多くの人が珍しそうに見入っていた。キャンドルゾーンと「愛のハートフルイルミネーション」にもロマンチックな明かりがともされ、若いカップルや家族連れの目を引いた。

 祭りは14日まで。問い合わせは実行委員会(0238・22・9607)まで。【佐藤良一】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 大阪北部地震 風評被害で訪日客減少懸念 情報発信を強化

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]