メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

映コン特別賞に櫛桁一則さん 笑顔が僕の原動力

「映画上映会で全ての仮設住宅に行きたいが、なかなか回りきれません」と話す櫛桁一則さん

三陸沿岸の仮設住宅で無料上映会

 東日本大震災からまもなく5年。岩手・宮古市の映画館「みやこシネマリーン」の支配人、櫛桁(くしげた)一則(43)は三陸沿岸を中心に仮設住宅などでの映画の無料上映会を続けている。その数は350回を超えた。毎日映画コンクールは16日に川崎市で開催する表彰式で特別賞を贈り、映画と被災者、観客を結ぶ地道な活動に深い敬意と感謝の気持ちを表す。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1334文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです